失業保険の認定日の時間変更をしたい場合

失業保険,認定日,変更

失業保険の認定日当日に予定で時間変更しないと申請手続き出来なくなった場合はその月の失業手当て金額を受け取ることができなくなってしまいます。しかし、状況によっては時間変更で希望を受け入れてもらえる場合もあるようですが手続きは必要です。このページでは認定日の時間変更をする条件などについて掲載します。

失業保険の認定日が年末年始を挟む場合

失業保険,認定日,変更

失業保険の認定日が年末年始の場合はハローワークが閉まってしまう可能性もあります。失業保険の認定日にハローワークが閉まっているともう失業保険を受給できなくなりますので転職するしか無くなります。年末年始が認定日の場合は求職活動の回数も気をつけながら期日に間に合うように申請方法を確認してみましょう。

失業保険の認定日を忘れて欠席した場合の対処方法

失業保険,認定日,欠席,忘れた

失業保険は認定日が必ず訪れます。認定日当日に忘れたりして欠席してしまった場合はハローワークに連絡を入れる必要があります。欠席して認定忘れの理由を伝えなければ失業保険の受給はすることができません。失業保険をしっかり受給したい場合には転職活動などの理由で欠席して忘れた事を伝える必要があるでしょう。

失業認定日に旅行などで行けない場合は?

失業保険,認定日,変更

失業保険の認定日に旅行などのスケジュールが入っていてハローワークに失業保険の申請ができない場合は、基本的に失業保険の手続きが止まってしまう可能性が高くなります。失業認定日の日付は行けない理由によっては日付を変更することができますのでこのページで確かめてみてください。

失業保険の申請に必要な離職票

失業保険,申請,離職票,自己都合

失業保険の申請で必要になる書類の中に離職票という書類が存在します。この離職票には前職を退職した理由、約6か月間の給与金額などが記載されているため失業保険の受給条件に大きく関わってきます。通常離職票は退職してから約2週間程度で会社から届きますので必ず目を通しておきましょう。特に退職理由は要確認!

失業手当の受給資格は雇用保険の加入期間で判定されます。

失業手当,受給資格,自己都合,パート,妊娠,アルバイト,会社都合,派遣,社員,契約

失業手当の受給資格は雇用保険の加入期間で基本的に判定されます。必要な雇用保険の加入期間は退職理由によってかわってきますが、退職理由問わず最低6ヶ月は雇用保険に加入した経歴が必要になります。自分が失業手当の受給資格を得るためには何ヶ月雇用保険の加入期間が必要になるか確認しておきましょう。

失業保険の認定日 3回目 90日の給付日数の場合は終了間近

求職活動,就職活動,失業保険,実績,認定,失業手当,失業給付,回数

失業保険の認定日が3回目を迎える方は自分の失業保険期間を再確認しておきましょう!失業手当の最低期間として90日間が設定されているため90日間で会社都合退職の場合はもうすぐ失業保険の支給が終わります。失業保険が終わった後ちょうどよく就職するためにも求職活動に本腰を入れておきましょう!

失業保険の求職活動手続きは失業認定申告書で行います。

失業認定申告書,求職活動,実績,認定

失業保険中の求職活動の内容は毎月指定された認定日にハローワークへ申請します。求職活動を申請する時には「失業認定申告書」に詳細を記載して申請することになります。失業認定申告書を作成しなければ求職活動の内容を認定してもらえませんので必ず作成することになります。


このページの先頭へ