失業手当を扶養に入りながら受け取る方法

失業手当,扶養,金額,健康保険

失業手当をもらいながら扶養に入る方法について色々と調べてみました。失業手当を受給中は基本的に国民健康保険に加入しなおして扶養から外れなければいけない決まりになっています。しかし、ある条件を満たすと扶養に入ったまま失業手当を受給することができますので自分の失業手当の金額を確認してみてください。

失業保険の求職活動で派遣登録を実績として認定させる方法

求職活動,実績,認定,失業保険,手当て,足りない

失業保険中の求職活動で派遣登録をした場合はその派遣会社の求人票の詳細をメモしておきましょう。派遣の求人票の情報を失業保険の認定日に申請すると求職活動の実績として認定してもらうことができます。失業保険中の求職活動の実績は申請しなければ認定されませんので必ず詳細をメモするようにしておきましょう。

失業保険の求職活動,就職活動の回数は何回?

求職活動,就職活動,失業保険,実績,認定,失業手当,失業給付,回数

失業保険の就職活動回数には規定があります。失業保険の認定日から次回認定日までの間に失業保険を受給するためにもしっかりと求職活動を行って実績を残さなければいけません。実際、何回就職活動すれば認定されるか掲載していますので参考にしてみてください。失業保険中は必ず求職活動を行います。

失業保険の求職活動で嘘をついたらバレます。

求職活動,実績,認定,失業保険,手当て,足りない

失業保険中の求職活動で嘘をつくとばれる可能性があります。失業保険中に面接を受けた。書類選考で落ちた。などの申請をする場合にはかならず本当の実績を申請するようにしておきましょう。失業保険中の求職活動をハローワークが企業に確認した場合すぐに嘘がばれます。

失業保険の支給日は退職理由で変わります。

失業保険,支給日,退職理由,失業手当

失業保険の支給日は退職理由によって最初の支給日が大きく変わります。失業保険を申請してから退職理由はハローワークに判断されますが支給日が訪れる日数は90日以上退職理由によって差があります。
前職の退職理由を確認して必ず手続きしたときに退職理由が間違われていないか確認するようにしておきましょう。

失業保険の求職活動回数が足りない場合は?

求職活動,実績,認定,失業保険,手当て,足りない

失業保険中の求職活動実績が足りない場合は必ずこのページで紹介している活動内容を参考に就職活動を行ってください。認定日の当日に求職活動の回数が足りないと失業手当の受給資格が剥奪されます。失業保険中は求職活動しないといけない規則になっていますので必ず規定の回数をクリアしておきましょう。

失業保険の求職活動で認定される内容

求職活動,実績,認定,失業保険,手当て,足りない

失業保険中の求職活動は必ずやっていかなければいけません。求職活動の中には活動の実績として認定されるものと実績とはカウントされず、認定されない就職活動の内容があるようです。認定するかしないかはハローワークが判断するようなので実績としてしっかり扱ってもらえる求職活動内容を選択するようにしてください。

失業保険の求職活動実績には何が使える?

求職活動,就職活動,失業保険,実績,認定,失業手当,失業給付,回数

失業保険中の求職活動でハローワークから実績として認められるとその後も失業保険の受給資格を得ることができます。求職活動の内容によってはハローワークが活動実績として認めない物もあるようなので認定日が近い場合などには必ず確認するようにしておきましょう。失業手当を受給するためにも欠かせません。


このページの先頭へ